映画「64(ロクヨン)」前編の感想・レビュー!豪華キャストまとめ


横山秀夫さんの傑作ミステリー小説「64(ロクヨン)」が豪華キャストで映画化されました。

今回は前後編で構成される映画版64の前編の感想・レビューについてまとめていきます。

映画版「64」前編

豪華キャストでおくる 映画版「64」

まずは映画「64」前編のあらすじを簡単にご紹介いたします。

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。
<作品情報より引用>

少女の誘拐事件を巡るミステリーのようですね。仲間内でのゴタゴタもありそうです。・・・ちょっとダルそう(笑)

原作と同じ?違う?

さて、今回映画化された「64」は原作に忠実に制作されたのでしょうか?それとも多少の違いがあるのでしょうか?

――今回は原作とは異なる映画ならではのエンディングということも話題です。

最初にお話したように、映画には“行動“が必要なので、小説にはない部分を付け加えることにしました。原作者の横山先生から最初は反対意見もあって、それはもちろん先生にとっては何年もかかって書き上げられた作品なので強い愛着もあるでしょうから当然なのですが、こちらの想いをぶつけて何度も話し合いまして、最終的には双方が納得する最上の結果になったと思っています。
<映画「64」の瀬々敬久監督インタビューより引用>

上に引用したインタビューからわかる通り、「映画版の64は完全に原作通りではない」ようです。私は原作を知らないので映画を観てもどこが原作と比べて変わったのかわかりませんが、原作ファンには当然分かりますよね。

原作ファンが納得できるような加筆修正となっているのでしょうか?

豪華キャストまとめ

映画版「64」 豪華キャスト

映画版64は出演キャストが超豪華ということで話題になっています。というわけで主要キャストを以下にまとめます。

  • 三上義信【みかみよしのぶ】 / 佐藤浩市
  • 諏訪尚人【すわなおと】 / 綾野剛
  • 美雲志織【みぐもしおり】 / 榮倉奈々
  • 赤間【あかま】 / 滝藤賢一
  • 二渡【ふたわたり】 / 仲村トオル
  • 荒木田【あらきだ】 / 奥田瑛二
  • 松岡【まつおか】 / 三浦友和
  • 三倉【みくら】 / 小澤征
  • 落合【おちあい】 / 柄本佑
  • 幸田一樹【こうだかずき】 / 吉岡秀隆
  • 日吉【ひよし】 / 窪田正孝
  • 辻内【つじうち】 / 椎名桔平
  • 秋川【あきかわ】 / 瑛太
  • 手嶋【てじま】 / 坂口健太郎
  • 雨宮芳男【あめみやしげお】 / 永瀬正敏
  • 目崎正人【めざきまさと】 / 緒形直人
  • 三上美那子【みかみみなこ】 / 夏川結衣
  • 三上あゆみ【みかみあゆみ】 / 芳根京子

「なんかで見たことある!」といった方々がズラッと並んでます。主役級が何人いるんですかね?(笑)

まぁテレビの宣伝でもキャストの豪華さを推しまくってるくらいですからね~ 😯

ちなみに劇場版予告PVはこんな感じです↓

映画版「64」前編の感想・レビュー

それでは映画「64」前編の感想・レビューをまとめていきます。※以下Filmarksより引用

スポンサーリンク

映画「64」前編 感想・レビュー1

映画「64」前編 感想・レビュー2

映画「64」前編 感想・レビュー4

映画「64」前編 感想・レビュー3

 

映画「64」前編 感想・レビュー5

映画「64」前編 感想・レビュー6

キャストの豪華さには目を見張るものがあるようですね。多くの感想・レビューで「キャストが豪華!」とか「演技がすごい!」とか述べられてました。

しかしながら、映画自体の評価としては高評価・低評価がほぼ半々くらいな印象です。好みが別れる作品なんですね。

ちなみに評価を落としている要因としては、

  • そもそも前後編というのがダルい
  • やりたいシーンを詰め込みすぎ
  • ストーリーがわかりづらい

などが挙げられていました。原作を読んだ人・読んでいない人でストーリーの理解度なんかに差が出ると思いますし、評価にはかなり個人差が出そうですね。

まとめ

豪華キャストで映画化された横山秀夫さんの傑作ミステリー小説「64(ロクヨン)」の感想・レビューについてまとめてきました。

評価は高評価・低評価が入り乱れているようですが、キャストの豪華さには文句無しって感じですね。

 

げんたろでした!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


画像で表示される認証コードを入力して下さい。